ありちゃんのダイエットブログ

〜ダイエットに役立つ情報を日々発信するブログ〜

■□■□■□■□■□■□■□■□■
◎Twitter、Instagramやっています◎

よろしければフォローお願いします♪
仲良くしていただけると嬉しいです!
Twitter  ▶(@mmx_mzk)
Instagram▶(@xarichanxdietx)
■□■□■□■□■□■□■□■□■

【絶対に覚えておきたい!痩せて見える服装・コーディネート】

f:id:pipipipika:20210220235951p:plain

[最終更新日:2021/02/21]

こんにちは、ありちゃん(@mmx_mzk)です。

今回は痩せて見える服装・コーディネートをご紹介します。

痩せて見える服装を知りたい!

f:id:pipipipika:20210220230027j:plain

痩せて見える服装を知りたい!

おしゃれするのは楽しいですが、服装の選び方を一歩間違えると実体重よりも太って見えてしまうことも…。服装選びに失敗して、そんな経験をされたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

すぐに痩せるのはなかなか難しいことですが、体型の悩みをうまくカバーできる服装やコーディネートを覚えておくと、ダイエット中もおしゃれを楽しむことができますよ。

こちらでは痩せて見える服装、そして痩せて見えるコーディネートをご紹介します! 痩せて見える服装を探している方、いつも同じようなコーディネートになっており、おしゃれに自信がない方はぜひ、参考にしてくださいね♪

痩せて見える服装〜トップス編〜

f:id:pipipipika:20210220234253j:plain

痩せて見える服装〜トップス編〜

☆痩せて見える服装〜トップス編〜①Vネック

首元があいた洋服は、顔周りをスッキリ見せることができます。

体だけでなく顔にもお肉がついていて悩んでいる方、体は太っていないけれど、頬やあごにお肉がついていて顔がぽっちゃりしている方は、首元があいたVネック・Uネック・スクエアネックのトップスがおすすめですよ。

☆痩せて見える服装〜トップス編〜②ドロップショルダー

肩幅が広く、がっちりと体格がいい方はドロップショルダーがよいでしょう。

肩の位置がはっきりとわかりやすい洋服だと、肩幅の広さが余計に目立ってしまいますが、ドロップショルダーであれば肩の位置を誤魔化しやすいのでうまくカバーすることができます。

Vネックのトップスも縦のラインを強調することができ、肩幅が目立ちにくくなるので上半身を華奢に見せることができますよ。

☆痩せて見える服装〜トップス編〜③ボリュームスリーブ

ボリュームスリーブとは、袖にボリュームがあるトップスのこと。

たぷたぷした二の腕にお悩みの方は、ボリュームスリーブでカバーしましょう。

痩せて見える服装〜ボトムス編〜

f:id:pipipipika:20210220234324j:plain

痩せて見える服装〜ボトムス編〜

☆痩せて見える服装〜ボトムス編〜①スキニー

どんな服装とも合わせやすいスキニー、どなたも1本はお持ちなのではないでしょうか?

ボリュームのあるトップスを着るときは、ボトムスを細身のスキニーにしてメリハリをつけると、細見え効果がアップします。

おしりや太ももに悩みを抱える方は、「スキニーを履くと目立ってしまうので極力履かない!」と言う方もいらっしゃいますが、足首にかけて締め付けすぎないスキニーであれば、おしりや太ももが目立つこともありませんよ。

☆痩せて見える服装〜ボトムス編〜②アンクル丈

ふくらはぎの太い部分をカバーして、足首の細い部分を見せられるアンクル丈のボトムスには着痩せ効果があります。

足全体を覆い隠してしまうと重く、かえって太ってみえてしまうこともありますが、細い部分が見えているだけで簡単に着痩せ効果が得られるのです。アンクル丈のボトムスを持っていない方は裾をロールアップしてもOK!

☆痩せて見える服装〜ボトムス編〜③プリーツスカート

痩せて見える服装〜トップス編〜で、Vネックは縦のラインを強調することができるとご紹介しました。ボトムス編の縦のラインを強調することができるアイテムは、プリーツスカート。

幅の狭いプリーツが縦のラインを強調するので、プリーツスカートには下半身の着痩せ効果が期待できますよ♪ カラーによって可愛らしさも、大人っぽさも演出できるので、プリーツスカートは幅広いコーディネートに役立ちます。

痩せて見えるコーディネート

f:id:pipipipika:20210221134738j:plain

痩せて見えるコーディネート

☆痩せて見えるコーディネート①シャツ+アンクル丈のボトムス

ロールアップした白いシャツに、黒や青のアンクル丈のボトムスを合わせることで、スッキリとした印象を与えることができます。後丈が長いシャツだと、気になるおしり周りをカバーすることもできますよ♪

☆痩せて見えるコーディネート②Vネック+フレアスカート

フレアスカート自体は首元が詰まったトップスとも相性はいいのですが、痩せて見えるコーディネートであれば首元のあいたVネック(またはUネック・スクエアネック)と合わせるとよいでしょう。

☆痩せて見えるコーディネート③Aラインワンピース

Aラインワンピースは腰、おしり、太もも、ふくらはぎと言った下半身の悩みをすべてカバーしてくれる優秀アイテム。Aラインワンピースは、トップスとボトムスのコーディネートに悩む必要がないので、おしゃれに自信がない方にもぴったりです!

☆痩せて見えるコーディネート④オフタートル+プリーツスカート

首元が詰まったタートルネックは顔の輪郭が目立ち、太って見えるので同じタートルネックでもオフタートルを選ぶのがおすすめ。オフタートルであれば、顔と首の間に隙間ができるので、輪郭の目立ちを防ぐことができますよ。

オフタートルは下半身の着痩せ効果が期待できる、プリーツスカートと相性抜群です。

痩せて見える洋服の着こなし方

f:id:pipipipika:20210220234049j:plain

痩せて見える洋服の着こなし方

☆痩せて見える洋服の着こなし方①3つの首を出す

痩せて見える洋服の着こなし方その①は3つの首を出す

スタイルに自信がないからと言って、できるだけ肌を露出しないようにしていませんか? 実は、首・手首・足首の3つの首を出すことで痩せて見えるようになるのです。

首であれば、Vネック・Uネック・スクエアネックのトップス、手首であれば、七分丈のトップスやシャツをロールアップすると◎。足首なら、アンクル丈のパンツやテーパードパンツ、もしくはトップスと同じくロールアップすればスッキリと見せることができます。

スカートの場合は、セミフレアがおすすめですよ♪

☆痩せて見える洋服の着こなし方②色にメリハリをつける

痩せて見える洋服の着こなし方その②は色にメリハリをつける

色には、白・赤・オレンジ・黄と言った膨張色と、黒・青・水色・青緑と言った収縮色があることはご存知でしょうか。

「太って見える白や赤などの膨張色を避けて、黒や青など収縮色だけを取り入れれば良いのでは?」と思われるかもしれません。確かに収縮色は体型のカバーに役立ちますが、全身を収縮色でコーディネートすると、重い・暗いイメージになってしまいます。

痩せて見えるように洋服を着こなすのであれば、色にメリハリをつけるとよいでしょう。

例えば、脚を引き締めて見せたいのであれば、トップスに白や赤などの膨張色をチョイスし、ボトムスを黒にすると言ったように、気になる部分に収縮色を用いると◎。

とは言え、秋は季節柄、赤・オレンジ・黄のような膨張色のアイテムが多くなり、服の色にメリハリをつけるのが難しくなりますよね。

そんなときは膨張色でも、やや黒が混じったカラーをチョイスしてみましょう。黒混じりのカラーは引き締め効果だけでなく、大人っぽさもプラスしてくれますよ♪

☆痩せて見える洋服の着こなし方③柄物を取り入れる 

痩せて見える洋服の着こなし方その③は柄物を取り入れる

敬遠されがちな柄物ですが、うまく着こなせば着痩せの強い味方になってくれます。

春や夏は花柄のアイテムが多いですよね。女性らしさがあり、かわいらしい印象を与えてくれるので、コーディネートに取り入れるのは少し難しいですが、好む方も多いのではないでしょうか? 

淡色や大花柄はかえって体が大きく見えるので、花柄をコーディネートに取り入れるのであれば濃色・小花柄がGOOD。

しかし、大花柄がすべて着痩せに不向きなわけではありません。例えば、紺や黒などの収縮色をベースにしたスカートに大花柄であれば、柄が主張しすぎずスッキリとした印象になりますよ。

☆痩せて見える服の着こなし方④体型に合わせたサイズを選ぶ

痩せて見える洋服の着こなし方その④は体型に合わせたサイズを選ぶ

「体型を隠すために大きめのサイズの洋服を着たら、余計に太って見えた…。」そんな経験はありませんか? 痩せて見えるようにしたいのに、これでは逆効果ですよね。

ゆったりとした服は体型カバーができそうと思いきや、メリハリがなくかえって太って見えてしまいがち。かと言って、ぴったりしたトップスでは体のラインが目立ってしまいます。

体型カバーをするには、ゆったりしすぎず、ぴったりしすぎず…、少しゆとりがあるくらいのサイズを選ぶのがおすすめ

サイズの表記があってもブランドや服の素材によってまちまちなので、試着して服のサイズ感を確かめてから購入するとよいでしょう。

☆痩せて見える洋服の着こなし方⑤縦長ラインを活用する

痩せて見える洋服の着こなし方その⑤縦長ラインを活用する

おしゃれのアクセントにもなる、ロングネックレスやスカーフ、ストールをコーディネートに取り入れて縦長ラインを活用することで、痩せて見えるようになるのです。

縦長ラインは背が高く見えるという効果も期待できますよ♪ スラっとした憧れの体型に、少しだけ近づくことができそうですね。


痩せて見える服装・コーディネートをご紹介しました。

痩せて見える服装を覚えて、ダイエット中もおしゃれを思い切り楽しんでくださいね♪